リーダーシップ

ニコス・ミカラキス

 
 

ニコスは、クラウド・ビッグデータ・機械学習インフラ・シミュレーション・車両OSなどの会社のソフトウェアインフラとツールを担うTRI-ADのソフトウェアプラットフォーム担当VPです。また「TRI-AD ソフトウェア Dojo」を通じて、シリコンバレーの考え方とソフトウェアのベストプラクティスを浸透させるべくエンジニアを教育しています。

ニコスは、2016年にシリコンバレーのTRIでクラウドアーキテクトとしてトヨタに入社した後、クラウドおよびビッグデータプラットフォーム担当ディレクターを務めました。トヨタに入社する前は、Netflixのクラウドプラットフォームに携わり、Eureka、Archaius、Ribbonなどのサービスを担当するチームに所属していました。そこで、Netflixエンジニアの生産性向上を支援するツールを開発し、マイクロサービスアーキテクチャについて教えるカリキュラムを開発しました。

それ以前は、30人規模のビッグデータのスタートアップ(マイクロソフトが買収)、従業員60人から200人へと成長した教育関連のスタートアップ、従業員300人から500人へと成長したオンライン広告ネットワーク(Amobeeが買収)、従業員5人から40人へと成長したクラウドプロバイダーのスタートアップなど、さまざまな業界・規模・成長軌道に乗った組織においてソフトウェア開発を支援してきました。彼はMITの電気工学・コンピューターサイエンス(EE&CS)と数学で学士号と修士号を持っています。

自由な時間には、自身がデザイン・執筆・解説を手がけるDrTechnikoで、ストーリーやゲームを通じて子どもたちにソフトウェアエンジニアリングや起業家精神について教育することに熱心です。

彼の「ロボットのトレーニング方法」ゲームは、コンピューターなしで子どもたちがプログラミングを始めるための方法として世界中で人気を集め、Hacker Monthlyの記事やTEDxの講演のきっかけとなりました。

ニコスは沖縄の太極拳の黒帯をもっていて、日本のアニメの大ファンです!

ニコスは沖縄の太極拳の黒帯をもっていて、日本のアニメの大ファンです!