TRI-AD、Maxarテクノロジーズ、NTTデータ 自動運転車用の衛星画像を用いた高精度地図生成で提携

トヨタの自動運転ソフトウエアの先行開発を行うトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(以下:TRI-AD)と、新しい宇宙業界をリードし、グローバルに技術革新しているマクサー・テクノロジーズ社(以下:Maxar)、日本のITサービスを牽引する株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、高解像度の衛星画像を用いた自動運転車用の高精度地図の自動生成に向けた実証実験を3社共同で行うことを発表します。本取り組みは、Automated Mapping Platform(AMP)という、TRI-ADのオープンなソフトウエアプラットフォーム構想を前進させる重要な一歩であり、自動運転の可能性を広げていきます。

 

【背景】

自動運転車では、複数のリアルタイムセンサーを用いることで、安全運転を確実なものとしますが、センサーを用いた自動運転の基盤データとして高精度な道路地図は不可欠です。現状、高精度地図がカバーしているのは、全世界の道路ネットワークの1%未満(注1)のため、自動運転社会実現のためには、市街地と地方道路のカバー範囲を広げる必要があります。本実証実験では、精確な衛星画像で生成した高精度地図を元に、自動運転用ソフトウエアが複数のデータソースを参照した上で指示を送り、自動車が安全に対処できるようにすることを目指します。

 

【実証の概要】

今回の取り組みでは、3社協力のもと、衛星画像を加工し、車両に使いやすい高精度地図を生成します。まず、Maxarのクラウドベースの地理空間情報クラウド(GBDX)から光学衛星画像ライブラリーの画像を取得します。次に、NTTデータの人工知能(AI)を活用した独自アルゴリズムにより、道路ネットワークの作成に必要な地図情報を自動抽出します。そして、TRI-ADが自動運転用に作成した高精度地図をクラウド環境からトヨタの自動運転試験車へ配信します。

今後3社は、まず、東京の特定エリアの高精度地図を自動生成することを重点的に取り組み、将来的にはあらゆる道路における自動運転を実現していきます。

図1:東京地域の衛星画像

図1:東京地域の衛星画像

図2:自動運転用の高精度地図の例

図2:自動運転用の高精度地図の例

(注1)仮に、日本・米国・中国・ドイツの高速道路の高精度地図が既に整備されているとした場合、全世界の道路ネットワークに占める割合は1%未満と想定

【エンドースメント】 

■トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社

TRI-ADの Automated Driving 分野の Vice President であるマンダリ・カレシー氏は、「昨今の電子工学および航空宇宙工学の発展のおかげで、衛星画像からグローバル画像をより高い解像度で、より頻繁にアップデートできるようになっています。さらに、機械学習のおかげで画像データ内にある道路要素の関連性を自動で発見し、統合することができるようになっています。私たちは、MaxarとNTTデータ社と協力して、すべての人に役立つ自動運転に革新をもたらすことを大変嬉しく思います」と述べました。

 

■マクサー・テクノロジーズ社

Maxarのグローバル・セールス分野の Vice President であるポール・グラニト氏は「高精度地図は、自動運転車に運転指示を出し、安全を確保する為には必須不可欠な要素であり、Maxarは、高精度地図の生成を可能にするデータと分析プラットフォームを提供することを誇りに思っています。この新しい、革新的なプロジェクトで、弊社が独占する高精度の画像と地理空間の分析の需要がますます増えると思われます」と、述べました。

 

■株式会社NTTデータ

NTTデータの社会基盤ソリューション事業本部長の園田勝一氏は、「私たちは20年間にわたり、衛星画像ビジネスに取り組んできました。NTTデータの衛星画像付加価値ソリューション「AW3DⓇ」では、全世界を対象に、鮮度の高い三次元地図を提供してきました。本実証実験でも、これまで培ってきた画像処理技術に、NTTデータのAI技術を掛け合わせることで、広域の高精度地図を短納期・低コストで提供することを実現します。将来的には、NTTデータの高度画像処理技術を使って、宇宙から世界中の道路ネットワークの地図を作りたいと思っております。」と、述べました。

 ※「AW3D」は、株式会社NTTデータと一般財団法人リモート・センシング技術センターの登録商標です。AW3D Webサイト http://www.aw3d.jp/

【参考】

 ■トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント社は、自動運転の取り組みに関わるソフトウエアの先行開発を行っています。世界で最も安全な自動運転車を作ること、トヨタ・リサーチ・インスティテュート社の研究成果とトヨタグループ内の研究・先行開発の連携強化をミッションとしています。自動運転ソフトウエアの開発、データハンドリング技術の強化、研究から製品化までの一気通貫のソフトウエア開発の実現も担います。詳しくは、www.tri-ad.global をご参照下さい。

 

■マクサー・テクノロジーズ社

マクサー・テクノロジーズ社は、最先端の宇宙技術を用いたソリューションを提供するグローバルリーダーです。これまでDigitalGlobe、SSL、そして Radiant Solutionsとして活動してきた関連各社は、本年2月にMAXARのブランドとして統合し、そして同じく関連のMDAはMAXARグループの独立した組織として活動を続けることになりました。

全世界30カ国以上に拠点と従業員がおり、各種人工衛星、地球観測画像、ロボティクス、及び地理空間データの分析等、様々な利用分野における統合的な機能と専門技術を提供しています。MAXARは、ニューヨーク証券取引所とトロント証券取引所に上場し、MAXRという銘柄で取引をしています。詳しくは、www.maxar.com をご参照下さい。

 

■株式会社NTTデータ

NTTデータは、お客さまの変革パートナーとして、世界50ヵ国以上でITサービスを提供しています。グローバルな視野と、それぞれの地域、各国のお客さまのニーズに合わせた対応力をもって、コンサルティングからシステムづくり、システムの運用に至るまで、さまざまなサービスを最高の品質で提供します。 www.nttdata.com/jp/ja/

 

Kazuya Kazama