テクノロジー

自動運転技術は近い将来、幅広く活用されると予測されています。個人用の部分自動運転車から完全自動運転長距離トラックまで、さまざまなタイプの車両が道路を共有します。革新的なUI(ユーザーインターフェース)・U/X(ユーザーエクスペリエンス)技術が、車両の種類や自動化レベルを問わず、現実的、直感的インタラクションを可能にします。

トヨタは、1980年代から自動運転技術の研究開発に取り組んでいます。その目的は、社会に役立つ自動運転革命を実現すること。そして、すべての人に自由に移動できる手段を提供し、交通事故死傷者ゼロを目指すこと。その実現に向けた取り組みをご紹介します。

 

Highway Teammate 

 

自動車専用道路における自動運転

 

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(TRI-AD)では、「Highway Teammate」をはじめとする自動運転技術を採用し、直近での安全向上を目指しています。Highway Teammateは、高速道路の入口から出口までの自動運転を可能にし、高速道路本線への合流、安全な車間距離の維持、車線変更、出口への分岐などを行うもので、2020年の実用化を目指しています。

機能

Highway Teammateの設計はTRI-ADの自動運転理念を土台とし、その根幹には、互いに見守り、常に助け合う、気持ちが通った仲間のような人とクルマの関係性があります。

通常、高速道路に進入すると、ドライバーが自動運転モードに切り替えます。Highway Teammateは高精度地図情報との照合により自分の車両の位置を把握し、適したルートや車線を自動選択し、ハンドル、アクセル、ブレーキを安全に操作します。その間、車載センサーが継続的に収集データを送り続け、それに基づいてHighway Teammateが周辺の車両や障害物を認識し、その場の状況に安全に対応します。適切なタイミングでのスムースな切り替え操作によって、ドライバーは十分集中して再び運転を続けることができます。

20151006_02_04.jpg

Guardian

高レベルの安全性

 

TRI-ADのGuardian技術は、高レベルで安全で信頼できるドライビングを可能にします。Guardianは全走行を通して、道路状況やドライバーの反応をドライバーに意識させずに見守ります。Guardianが目指すのは、ドライバーや同乗者を常に安全に守ること、そしてドライバーとクルマを一体化させることです。

Guardianはわずかな違いを察知して作動し、ドライバーの状況認識を向上し、運転技術を高めます。走るたびにドライバーとクルマはどんどん調和し、ドライバーは自信をもって大切な人と安全に家に帰り着けるようになります。

機能

Guardianのアルゴリズムには、トヨタ独自の世界的センサーデータネットワークの力が活かされ、シミュレーション上または現実世界での無限の運転シナリオに基づき強化、更新されています。このように常にメモリーとトヨタ車に搭載されている高度なセンサーとを組み合わせることによって、Guardianは素早く状況を認識し、各種の最適なドライビングパラメータと照合します。また、非常時の対応を維持し、ドライバーの眠気をも監視することによって、常に不測の事態に備えます。運転中はGuardianの直感型インターフェースがドライバーに情報を送り続け、集中力を維持させ、運転技術と認知力を高めます。

このほか、走行先の障害物を明示することにより、ドライバーの視野を広げます。右の写真では、歩行者の動きから車両の進行方向を横断するであろうことが予想されます。Guardianは、視覚表示と音声を使った明確なアラートによってドライバーに警告を発するとともに、事故を回避するための最も安全な走行路を計算します。認知度の向上も、Guardianとドライバーの協力関係を高める一つの方法です。

guardian-image_nightScene2.jpg
 

Chauffeur

完全自動運転

 

Chauffeur は、TRI-ADが開発中の完全自動運転システムです。世界的に有名なトヨタの信頼性と技術力の高さ、そしてわくわくするような自動運転の可能性を融合させます。今この時から、100%安全な自動運転車が走る究極の未来に向けて、その懸け橋となります。

すべての運転操作はChauffeurが担当するため、ドライバーはリラックスして、新しく手に入れた時間を思いのままに使うことができます。外出先での仕事、家族や恋人とのおしゃべり、お気に入りのゲームもできます。すべては完全に安全であり、目的地に到着する頃にはドライバーはリフレッシュし、準備万端の状態となります。

機能

Chauffeurの設計には信頼性の高い最新ソフトウェアエンジニアリングアプローチを用い、高度な機械学習アルゴリズムと、数百万マイルを超える世界中の路上で収集されたデータによって強化します。その結晶として誕生するのが、旅客機の自動操縦機能と肩を並べる精度と、ありとあらゆるトヨタ車の走行によって蓄積された経験と英知を持ち合わせた自動運転システムです。この究極のお抱え運転手が、この先の行程で起きるさまざまな状況にどう対応すべきかよく知っており、安心して乗っていられます。


chauffeur-image-beach.jpg

トヨタデザインシステム(TDS)

未来のユーザーエクスペリエンス

 
 

自動運転革命のためには、U/X(ユーザーエクスペリエンス)の考え方を大きく変える必要があります。自動運転時代にいくつかのボタンと画面があるだけでは十分とは言えません。未来の部分自動運転車、完全自動運転車の流儀に対応するには、乗る人に合わせた新しくパワフルで多様なUI(ユーザーインターフェース)・U/Xの出番です。

トヨタデザインシステムは、さまざまなU/Xを共通のデザイン言語で作り出すためのグローバルで統一されたアプローチです。その可能性を想像してみてください。Guardianを搭載したラリーカーなら、レース用インターフェースから、路上、レース、車両に関するデータがドライバーの集中力を妨げることなく、的確に素早く届きます。Chauffeurが可能にする移動型オフィスでは、パーソナライズされたUIがスムースなワークフローを可能にし、生産性、効率性を最大限に高めます。Chauffeurを搭載した長距離タクシーなら、ラップアラウンドスクリーン型のスリリングなエンターテイメントシステムや最新ゲームや、逆に乗客の好みにあった静かで落ち着きのある環境を提供することも可能です。このすべての根底にあるのが、誰もが知り、誰もに好まれる共通デザイン言語です。

機能

トヨタデザインシステムのドライビングインターフェースは、物理的手段とUI(ユーザーインターフェース)の両方から室内空間を拡張します。独自の直感型アプローチによって必要な解決策にいち早く辿り着けます。当然のことながら、インターフェースは、小型トラックの機能性や実用性、高級セダンの人間工学的かつエレガントなデザインといった各車両のタイプや機能によって調整され、ありとあらゆる体験をユーザーに合わせてパーソナライズします。スマートフォンアプリに好みの設定がすべて保存され、乗った瞬間から、即座にカスタマイゼーション完了です。

TDS-HUD-concept.jpg