Driver and Passenger Monitoring System

ドライバー モニター システムは、自動運転においてドライバーの状態を見守るために必要な技術として開発が進んでいますが、その技術は自動運転のみならず、人が自身で運転する時のGuardian機能や、ドライバー以外の乗員も含めたサービスへもニーズが広がっています。

  1. ドライバーの運転や、乗員の安全性

  2. 乗員の着座位置に合わせた快適性

  3. パーソナライゼーション サービス

  4. 先進的HMI

  5. MaaSのための乗客、キャビン状態管理

一人ひとりの好みや、特徴に合わせた快適なモビリティと、移動前後を含めたシームレスなサービスの実現に向けて、TRI-ADの Driver and Passenger Monitoring System は進化し続けています。

機能

トヨタの Highway Teammate Concept である、「人とクルマが同じ目的を目指し、ある時は見守り、ある時は助け合う、気持ちが通った仲間の様な関係を築く」ためには、人を見守り、理解する Driver and Passenger Monitoring System が欠かせない技術となります。

ドライバーの姿勢や顔からTRI-ADの Driver & Passenger Monitoring AI が視線や眠気だけでなく、感情や意図を読み取り、安全・安心なドライブをサポートします。Driver and Passenger Monitoring AI は、ドライバーだけでなく、全ての乗員や、車室内の状態を認識し、MaaS時代の新たなUXを実現します。

Driver and Passenger Monitoring AI の進化には、多種多様なデータが必要で、服装、光環境に加えて、多様な文化に裏付けされた表情の違いなど、大量なデータを効率よく収集、解析する技術開発に加えて、ベーシックな人間研究も重要です。

多くの人を知る事であなただけの愛車が作れるのだと、TRI-ADは考えています。

Driver-Monitoring.jpg