Teammate 

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(TRI-AD)では、「Highway Teammate」をはじめとする自動運転技術を採用し、直近での安全向上を目指しています。Highway Teammateは、高速道路の入口から出口までの自動運転を可能にし、高速道路本線への合流、安全な車間距離の維持、車線変更、出口への分岐などを行うもので、2020年の実用化を目指しています。

機能

Highway Teammateの設計はTRI-ADの自動運転理念を土台とし、その根幹には、互いに見守り、常に助け合う、気持ちが通った仲間のような人とクルマの関係性があります。

通常、高速道路に進入すると、ドライバーが自動運転モードに切り替えます。Highway Teammateは高精度地図情報との照合により自分の車両の位置を把握し、適したルートや車線を自動選択し、ハンドル、アクセル、ブレーキを安全に操作します。その間、車載センサーが継続的に収集データを送り続け、それに基づいてHighway Teammateが周辺の車両や障害物を認識し、その場の状況に安全に対応します。適切なタイミングでのスムースな切り替え操作によって、ドライバーは十分集中して再び運転を続けることができます。

Teammate.jpg